Marino Tarantino Napoli Italy 1977

ナポリで活躍した製作家、タランティーノ親子で、Giuseppeの息子のMarino Tarantinoの作品。1977年に比較的後期に製作された、ヴァイオリンシェイプモデルの一台です。

隆起や雰囲気などから、おそらく1700年代頃の同じくナポリ派の名器から少なからずインスパイアされたのではないかと思われる美しいモデルです。

音に関しては、非常にパワフルな鳴りが最大の特徴と言えます。
オリジナルのニスや、楽器の醸し出す落ち着いた雰囲気も大変素晴らしい一台です。

弦長 約105.5cm