Fホールの比較画像は左:Leopold Noiriel 1836 Turin Italy Double bass、右:Giovanni Francesco 1834 Pressenda violinを合成したものです。右のヴァイオリンはP.Kopatchinskaja氏が演奏されているプレッセンダの写真を引用させていただきました。コントラバスとヴァイオリンということで大きさ比率が大きく異なりますが、雰囲気や共通点をご覧いただけましたら幸いです。

カテゴリー: 読みもの